人の目や心を癒す観葉植物   癒しの空間を作り出す自然の力を感じよう  観葉植物のことなら NatureLand.com

タイトル NatureLand.com
EditRe

 

gion4

 心リフレッシュ!インドア・ジャングルはいかが?

ちょう


     
 

 花より観葉 


 町にはコンクリートやガラスの建物があふれています。山野が開発されて周辺の緑地も減ってしまっている現在、庭で草花を作って楽しむ場所も少なくなってしまいました。手軽で室内に飾って楽しめる鉢物はないでしょうか?
切り花や今流行のガーデニングもよいけれど、 単純化された線と面の近代的な室内に、 調和した植物は?となると、 落ち着いた美しさやあきのこない観葉植物にたどりつくでしょう。

 メリット考えるなら、抽象絵画にでもありそうなさまざまな葉型、葉柄、 エキゾチックな強い色彩、光沢のある葉色の植物が、 私たちの目を楽しませ感覚的にもフィットします。 切り花だったら約10日、バラの花もせいぜい5日、 草花鉢も花の咲く時期は短く、散ってしまえばさみしいものだ。 だけど、観葉植物は花以上に色彩の美しいものもあり、 一年中いつまでも楽しめます。

  さらに、光線にめぐまれないジャングルのなかで多くの植物と せりあって生きぬいてきた植物だけに、丈夫な性質が多く、 草花と比べれば病気や病害虫にも侵されにくい。 計算すれば切り花よりも安価です。

 森林浴効用が脚光を浴び初めた昨今。青葉、森林、草原、光があふれる公園はグリーンは自然界の色。 森林浴の効用が注目されています。室内の一角に観葉植物のジャングルを作ってみたくないですか? 科学的な効果はともあれ緑は目の疲れや心身を癒し、 たくさんの緑に囲まれているとリラクゼーションを味わえます。 心潤う緑色があなたをフレッシュな気分に包み込むことでしょう。
 
  観葉植物の選び方としては、気候や置き場所など、自分の家に合うものを選ぶことが大切になってきます。家の中であっても湿気のある場所や乾燥しやすい場所、日の当たる場所、日の当たらない場所など、条件が変わってきます。
その場所に適した観葉植物を探してみてください。観葉植物は、ホームセンターや園芸店などでも気軽に手に入りますし、最近では、インターネットの通信販売などでも購入ができるようになり、欲しい観葉植物を取り寄せることも可能になってきていますので、便利なものを利用し楽しく観賞してみましょう。

 最近注目を集めている植物の作用が室内の代表的な有毒物質「ホルムアルデヒド」の除去。 観葉植物は気密空間のカビの胞子やバクテリアを抑制、水蒸気を発生させ、適度の湿気を放出・浄化。せめて身の回りに観葉植物を置いて快適な環境で暮らしたいですね。

TOP

  観葉植物の育て方

一般的な観葉植物の育て方・水やり・お手入れ方法です。

○観葉植物の土の表面が乾いてきたら、水やりをすることが基本です。
水は、葉ではなく、根元へ。(ただし、観葉植物の種類によっては、葉に水やりをするだけでいいものもあります。)

○観葉植物の鉢の受け皿に常に水がたまっていると根腐れの原因ともなりますので注意です。

○観葉植物の葉が大きなものなどは、葉の表面を水拭きしてあげるといいでしょう。葉の表面をキレイにすることで、呼吸しやすくなり光合成しやすくなります。

○観葉植物が、常に日陰になっている観葉植物は、たまに日光の当たる場所に置くことで、強く枯れにくくなります。

○観葉植物の枯れた葉は、摘み取ります。そのままにしておくと他の葉にも影響を与えることがあります。

○観葉植物が途中から枯れてしまった場合などは、切り分けて水差ししておくと新しい根が生え、別の葉が出てくることもあります。

recommend

TOP


 
   

 



ボトムバー
Copyright (C) 2008 Nature Land Corporation. All Rights Reserved.