人の目や心を癒す観葉植物   癒しの空間を作り出す自然の力を感じよう  観葉植物のことなら NatureLand.com

タイトル NatureLand.com
EditReg

ion4



土に関して



◆ 培養土 ◆

 培養土にはいろいろありますが、赤玉土か荒木田土に腐葉土、川砂を混ぜたもの が一般的です。 培養土の条件  鉢植えの植物は限られたスペースの中で生きていますので培養土は栄養価の高いものを使わなければなりません。

培養土の条件として必要なこと
○肥料分に富んでいること
○保水性があること
○肥料分を保つ力があること
○通気性や排水性の良い団粒構造になっていること
○病菌や害虫のいないことなどです。

 荒木田土・粘土質の田の土で、肥料分を保つ力が強く水保ちも良いのですがこれの単用では排水と空気の流通が悪くなるので、砂や腐葉土を混ぜて使います。壌土粘土と砂土の中間の普通の土です。使用するときは、病菌や害虫のいない深い所の土を掘って使用します。

 赤玉土 赤土を団粒化したもので、水保性、通気性に富んでいる。腐葉土や砂と混合で使用、鉢植え園芸の基礎となる土です。腐葉土カシ、クヌギなどの落葉樹で葉肉の厚いものが良く、杉、松、イチョウの葉は不適当です。落ち葉を積み重ね、油かす、米ぬかなどを加え、水をかけ、ふみ込んで腐らせたもの。肥料分に富み、空気の流通、水保ちも良く、鉢植えに欠かせないものです。

 砂山砂・川砂でなるべく角張った砂の方が水はけがよく、海の砂は粒が細かく排水が悪いので、土に混ぜて使っても意味がありません。水苔山の湿地に生えているせん類のなかまで、これを乾燥したものです。水保ち、空気の流通が適当で、かなりの種類のものがこれで植えられます。土で植えた鉢のように汚れず軽いので、室内に置く鉢物には最適です。

TOP

◆ 土の再利用法 ◆

選別と消毒
1.古土を十分に乾燥させる。

2.
土の表面には病原菌や害虫の卵、雑草の種などがたくさんあるので
上から2センチぐらいは捨てる。

3.
古土を新聞紙などに広げ、古い根や枯れ葉、ゴロ土などを取り除く。

4.
ふるいにかけて土粒を選別する。
・まず7〜10ミリの粗い目のふるいにかけ
ふるいに残った土は鉢底に使うか捨てる。
・通過した土を1〜1.5ミリのふるいにかけ、通過した細かい土(微塵)は捨てる。ふるいに残った中間の土粒だけを再利用する。

5
.再生する土に80〜100度の熱湯をかける。(5分おきに3回ほど、少しずつ。少量の場合は古鍋で焼いたり、電子レンジで加熱してもよい。

6
.真夏は太陽熱を利用して日光消毒、真冬は逆に寒気にさらして雑菌を殺す。
・真夏 湿った土をポリ袋(黒色が効果的)に三分の一量ほど入れて密封し平らくしてコンクリートの上などに置き、直射日光に一週間ほど当てる。
・真冬 トレーなどの薄い箱に湿った土を敷きならし、そのまま戸外に置いて霜と寒気さらす。春まで、3週間に一度ぐらいの間隔で土の上下を入れ替えるように混ぜてください。

TOP

◆ 新しい土と肥料を混ぜて再生 ◆ 

消毒・殺菌を完璧に行っても、やはり古土だけではパワー不足、植物を植えるときには新しい土を30〜50%混ぜる。

1.有機質を補うため、腐葉土を全土量の約30%

2.酸性化した古土を弱酸性に調整するため、石灰類)を混ぜる。
1週間ほどそのまま放置して3.緩効性化成肥料(マグアンプKなど)を土1リットルにつき3〜5グラム混ぜ1週間ほどそのまま寝かせれば再生完了です。

TOP

注目サイト

パワーストーンの卸売り場
http://www.purestone.jp/
オーダー スーツ
http://www.vightex.com/

2015/7/3 更新

     
 
ボトムバー
Copyright (C) 2008 Nature Land Corporation. All Rights Reserved.